事業紹介

   イメージ写真:事業紹介
  1. ホーム
  2. 事業紹介
  3. 医療ガス

医療ガス

医療用ガスの供給から設備の設計・施工・保守メンテナンスまで、万全のサービスをご提供します。
さらに、新型コロナウイルスをはじめとした感染症対策商品を取り揃え、新たな環境作りをご提案します。

   写真:医療ガス

事業概要

九州各県及び山口県に事業所を構え、地域に密着したネットワークで365日・24時間体制で、医療機関様や在宅患者様へ万全のサービスをご提供します。
創業以来一貫して各種ガスの製造・販売及び設計・施工・保守管理に携わってきました。この経験と合わせ、省エネ設備やインテリア関連等、様々な新しいステージでさらなる医療サービスのご提供に取り組んでいます。
医療ガス設備の設計・施工から保守点検・メンテナンス業務まで、一貫した体制でお応えします。また、定期的な医療ガス講習会の開催により、安全な取り扱い方法の啓蒙活動を実施します。

事業内容

医療用ガス

局方酸素、滅菌ガス製造、販売をはじめ、あらゆる医療ガス、検査ガスを安定供給します。

医療用酸素:吸入用ガス(外来/病棟/手術室)

イメージ写真:医療用酸素:吸入用ガス(外来/病棟/手術室)
CEタンク
イメージ写真:医療用酸素:吸入用ガス(外来/病棟/手術室)

日本薬局方酸素

  • 日本薬局方に収蔵されている医薬品
    (液体酸素は局方外医薬品)
  • 容器の中身はガス体の酸素
  • 純度は99.5vol%以上
  • ボンベの色は「黒」(高圧ガス保安法で規定)
  • 医療の主な用途は吸入、人工呼吸、麻酔、高気圧酸素
  • 無味、無臭、無色のガスで支燃性の性質がある
  • 酸素の使用場所では火気厳禁
  • 科学的に活性が高く、多くの元素と化合して酸化物となる(食物が腐る、鉄が錆びる、物が燃える、など)

医療用炭酸ガス:内視鏡手術(手術室)、内視鏡検査(検査室)

イメージ写真:医療用炭酸ガス:内視鏡手術(手術室)、内視鏡検査(検査室)

内視鏡検査では患部を膨張させて検査します。
空気の場合は、深部に送られたガスが体内に吸収されずに体内に残るため、吸収が早い二酸化炭素を使用します。

亜酸化窒素:麻酔用のガス(手術室/歯科治療)

イメージ写真:亜酸化窒素:麻酔用のガス(手術室/歯科治療)
  1. 全身麻酔
  2. 鎮痛

    亜酸化窒素10%~30%と酸素90%~70%の混合ガスを患者様が吸入します。吸入することにより心地よい気分になり痛みを感じなくなります。

窒素ガス:手術機器の駆動用ガス(手術室)

イメージ写真:窒素ガス:手術機器の駆動用ガス(手術室)

外科手術・眼科手術の駆動用ガスとして用いられます。
安定的な駆動能力を維持できます。

滅菌ガス:医療用器具、その他材料の消毒・滅菌(手術室前室)

イメージ写真:滅菌ガス:医療用器具、その他材料の消毒・滅菌(手術室前室)

医療用器具及び、材料の消毒・滅菌に用いられます。

イメージ写真:滅菌ガス:医療用器具、その他材料の消毒・滅菌(手術室前室)
カートリッジ式タイプ

その他:各種検査、分析用ガス

イメージ写真:その他:各種検査、分析用ガス

各種検査、分析には様々な混合ガスが用いられます。
MRI冷却用に液体ヘリウムが用いられます。

在宅医療

図:在宅医療

当社の在宅酸素サービス

  1. 毎月定期点検を行います

    当社は患者様とのコミュニケーションを第一と考え、 医療法では6ヶ月に1回と定められている保守点検を毎月実施します 。患者様宅へ毎月訪問しますので、患者様との信頼関係が強くなります。また、必要な情報は医療機関へ毎回フィードバックします。

  2. ニーズに合わせた酸素供給システムをご提案します

    酸素濃縮装置の他にも、電気代ゼロの液体酸素装置など、患者様のニーズに適した酸素供給システムをご提案します。

  3. 万一のときも安心の自社供給体制

    医療ガスのメーカーとして、九州各地に自社充填工場を有します。
    緊急時や災害時等、患者様の状況に応じた24時間365日の酸素供給体制及び、豊富な在庫量を完備しています。

HOT:在宅酸素療法

在宅酸素療法(HOT)とは、慢性呼吸器不全、高血圧症、心不全の患者様が自宅で酸素を吸入する療法です。
酸素を吸入することで日常生活の活動を向上することができます。

イメージ写真:設置型酸素濃縮器
設置型酸素濃縮器
イメージ写真:携帯用FRPボンベ
携帯用FRPボンベ
イメージ写真:移動用酸素濃縮器
移動用酸素濃縮器

在宅酸素療法実施の流れ

イメージ写真:在宅持続陽圧呼吸療法実施の流れ
  • 1. 診察

    血中酸素濃度を検査するために動脈血検査、パルスオキシメータによる検査を経て、酸素供給が必要な場合は医師が処方します。

イメージ写真:在宅持続陽圧呼吸療法実施の流れ
  • 2. トレーニング

    検査または入院期間中に医師の指導により酸素流量、吸入時間を決定し、使用機器、ボンベの取り扱いをトレーニングします。

イメージ写真:在宅持続陽圧呼吸療法実施の流れ
  • 3. 機器設置の設置・点検

    医師の処方に従って患者様のご自宅を訪問。酸素機器、携帯用ボンベの説明をを行います。(定期的に点検訪問)

イメージ写真:在宅持続陽圧呼吸療法実施の流れ
  • 4. 月1回の受診

    受診・往診により血中酸素を検査し、医師の診断を受けていただきます。

CPAP:在宅持続陽圧呼吸療法

在宅持続陽圧呼吸療法(CPAP)とは、閉塞性睡眠時無呼吸の有効な治療で寝ている間の無呼吸を防ぐために軌道に空気を送り気道を開放させる治療です。

イメージ写真:CPAP用機器
CPAP用機器
イメージ写真:ASV睡眠機器
ASV睡眠機器
イメージ写真:簡易検査機器
簡易検査機器
イメージ写真:CAPA用マスク
CAPA用マスク

在宅持続陽圧呼吸療法実施の流れ

イメージ写真:在宅持続陽圧呼吸療法実施の流れ
  • 1. 診察

    診察・問診を実施し、ご自宅にて症状に応じた検査方法や治療方針を説明します。医師の処方によりご自宅で簡易検査を実施し、検査結果によっては入院して再度検査を行います。

イメージ写真:在宅持続陽圧呼吸療法実施の流れ
  • 2. 院内トレーニング

    実際にマスクを装着し、マスクの装着具合を確認。機器の取り扱い、生活習慣等を指導します。院内、自宅にて実施します。

イメージ写真:在宅持続陽圧呼吸療法実施の流れ
  • 3. 機器設置の設置・点検

    当社担当者が病院・クリニック・ご自宅にて機器の設置と説明等を行います。マスク等の消耗備品は定期的に交換します。

イメージ写真:在宅持続陽圧呼吸療法実施の流れ
  • 4. 月1回の受診

    受診にて1ヶ月の数値を診断し、医師の指導を受けます。数値は遠隔で医師に定期的に送信されるか、または、専用SDカードにて管理します。

医療ガス管理業務

医療ガス配管設備

医療ガス配管と手術室モジュラーシステムをメーカーとのタイアップによって、設計から施工まで一貫して行います。

図:医療ガス管理業務

医療ガス遠隔監視

独自開発遠隔監視システム『FONET』

定時通報(残量・圧力)、異常警報(ガス漏洩・遮断・VR異常・残量等)の監視が可能。
各種高圧ガスの安定供給を見守り続けます。

図:医療ガス管理業務

医療ガス設備点検

医療ガスを使用している医療機関は、医療ガス安全管理委員会を設置し、委員会の開催や保守点検を実施する必要があります。過去には、医療ガス設備に関して、施工ミスや間違った知識による取り扱いによって、医療ガス事故事例が発生している事例もあります。医療ガス(高圧ガス)に熟知した弊社スタッフによる設計・施工・メンテナンスをご提案します。

図:医療ガス管理業務

医療ガス保安講習会

医療ガスに関わる事故を未然に防ぐことを目的とした講習会を開催しています。昨今、重大な事故やヒヤリハット事例が報告されていることに鑑みて、安全管理のための職員研修が求められています。詳しくはお気軽にお問い合わせください。

※ 医療ガスの安全管理について
平成29年9月6日 医政発0906第3号 厚生労働省医政局長通知

 
イメージ写真:設置型酸素濃縮器
イメージ写真:携帯用FRPボンベ
イメージ写真:携帯用FRPボンベ
イメージ写真:携帯用FRPボンベ
医療ガス勉強会内容(一部紹介)
イメージ写真:設置型酸素濃縮器
ボンベ点検
イメージ写真:携帯用FRPボンベ
ボンベ緊急対応

院内感染対策

新型コロナウイルスをはじめとした疫病対策として感染対策商品をご提案します。
オゾン発生機器、光触媒、アルコール、次亜塩素酸水、フェイスシールド・タイベック・マスクなど、お客様のニーズに合わせたオーダーメイドのご提案で、導入からメンテナンスまで感染対策をトータルでサポートします。